交通事故で警察を呼ぶ理由と診断書の重要さ

交通事故を起こしたら、警察を呼ぶように言われています。しかし、警察を呼ぶ理由を知らない人は多いかもしれません。他に診断書を取ることについても、交通事故を起こしたときにするべき項目とは知っているでしょう。

ただし、重要さがわからないという人は少なくありません。ここではあまり知られていない警察を呼ぶ理由や診断書の重要さなどを解説していきます。

交通事故で警察を呼ぶ理由

交通事故では警察を呼ぶように教えられています。しかし、警察を呼ぶ理由まで覚えている人は少ないかもしれません。交通事故で警察を呼ぶのは事故の概要や事故を証明するために不可欠なことです。警察を呼ぶことで事故を確認して、公的に事故が起きたことを証明してくれます。

交通事故詐欺が多く発生しているので、警察が関与していない事故には保険会社は厳しい対応を取ることがあります。警察が関与していれば、そのようなことが起きません。また、警察を呼ぶことで事故の詳細な概要と、何が起きたのかという客観的な見地から記録してもらえます。

警察は中立的な立場で記録しますので、当事者の意見が噛み合わないときなどに、客観的な証拠になります。警察は当事者から意見を聞き記録を作成しますが、意見に左右されることはありません。客観的な判断をしてくれることも警察を呼ぶメリットです。

他に呼ぶ理由として、問題が起きたときに対処してもらえるということも考えられます。交通事故が起きてどちらが悪いかがはっきりと判断できないときに、喧嘩やいざこざが起きやすいです。そんなときに仲裁してくれる存在がいないと、エスカレートしていく恐れがあります。

特に事故直後であれば、興奮状態になっていることがよくありますので、問題が起きないとは言い切れません。警察を呼ぶことで、事後の処理を素早く行うことができることも呼ぶ理由になるでしょう。

警察を呼ばないで処理するとどうなるか

警察を呼ばないで交通事故を処理してしまう人は多いかもしれません。警察が来ると面倒だからとか、そんなに大きな事故じゃないからと言い訳をして警察を呼ばないのです。事故がその場で解決すれば問題ないのですが、後で後遺症が出たや怪我が見つかったなどという場合に面倒なことになります。

警察が事故を証明してくれないので、保険を使うことができません。保険会社は警察が公的に事故を証明しない限り、事故があったとは認めないのです。そのため、保険に入っていたとしてもほとんどの場合は自己負担になります。

被害者への治療費などを個人的に負担することになりますが、問題となるのは治療が長引く場合や後遺症が残った場合です。そうなると、治療費は膨大になりますし、慰謝料も発生するでしょう。そこまでいくと、個人的に払い続けることが難しく、破産してしまう可能性すらあるのです。

交通事故で任意保険が重要なのは、このようなことを避けるためなのです。しかし、警察を呼ばなかったことで、最悪の事態に発展する可能性が出てきます。そうならないように、交通事故では面倒だと感じても、警察を呼ぶという手順を踏むことが大事なのです。

交通事故による後遺症と3つの請求方法

警察が解決してくれる問題もある

警察を呼ぶ理由として、事故処理を手伝ってもらえることが挙げられます。交通事故現場は混乱していることが多く、素人では現場をさらに混乱させかねません。警察が来ることによって、交通整理や事故車両の移動などができるのです。

当事者同士がいがみ合っていて、周りのことが目に入らなくなっていたら、周囲の混乱はひどくなっていくでしょう。それを防ぐためにも警察を呼ぶことが重要になります。他に第三者の視点で警察が見ることで、解決できる問題があります。

事故現場を見れば、事故の証拠が残っていることが多いです。当事者しかいなければ、証拠を無視して自分の主張ばかりを言い続ける可能性もあるでしょう。警察が来れば、証拠を集めて事故の実態を解明してくれる可能性があります。

このような事実が示談交渉や裁判では重要になりますので、警察には来てもらうことが重要なのです。

交通事故や交通違反の刑罰は、どのようにして決められているのか?

医師の診断書は治療費や慰謝料の基本になる

警察を呼ぶことと同じくらい重要になるのが、医師の診断書です。医師の診断書によって、症状や怪我の具合などを客観的な事実として示すことになります。保険会社が支払う治療費や慰謝料の基準になっているのが、診断書になります。

基本的に医師は中立的な立場で病状や怪我などを報告するので、議論の余地はありません。保険会社側として納得できない時は、セカンドオピニオンの医師を使うかもしれませんが、診断書が覆る可能性は低いです。診断書はそれだけ信頼性の高いものなのです。

また、診断書は保険会社用に書いてもらうことも重要です。それであれば、事故との関連がある箇所が分かりやすくなりますし、保険会社としても判断しやすいです。他に治療方針に関する記述も医師にしてもらえば、保険会社から治療に関してクレームを言われることがなくなるでしょう。

医師の判断で整骨院に通っているというのであれば、保険会社は文句をつけられません。医師からの客観的意見が診断書にあれば、堂々と治療を受けられるのです。

診断書がなければどうなるか

医師の診断書がなければ、保険会社は支払いを拒否する可能性があります。本当に治療に必要だったのかという客観的な根拠がないからです。例えば整骨院に通ったとします。正当な理由で通っていたとしても診断書がなければ、保険会社は支払わないでしょう。

このように診断書が客観的な根拠になるのです。また、診断書がなければ、怪我や後遺症があったとしても、証明するように保険会社は指摘をします。そうなると、証明するためには医師の診断書が必要になるのです。また、診断書がないまま治療を受けると自己負担になるのですが、それが返ってこない可能性が出てきます。

診断書は事故後すぐに取ることが大事

診断書は事故後すぐに取りに行くことが大事です。医師の判断として事故直後でないと、事故との関連性がなかなか判断できない場合があるからです。特にむち打ちや後遺症になると、証明が難しくなります。むち打ちは事故直後に症状がでなくても、後で出てくる可能性があるので、診断を受けておくことが大切なのです。

生活をしていて起きる可能性がある病気や怪我なども、事故との関連性を疑われることがあるでしょう。そうならないように早いうちに診察を受けて、診断書を確保しておくことが重要になります。保険会社としては支払いをしないように努力するものですので、疑いがあるものは指摘するのが普通です。

そのような疑念を持たれないように、始めから完璧に手続きをしておくと保険会社からの支払いをしっかりと受けられるでしょう。診断書を事故直後に取れない状況なのであれば、できる限り早く取ることが大事です。